アファメーションで情報を上書きする!

こんにちはー♪

関東も台風が向かってきてます!!

明日は閉じこもろうと思います(;´∀`)

 

 

ちょっと久々なのですが、
今日はアファメーションについてです♪


相変わらずやってますよー(笑)


良かったら前の記事もご参照ください。
前の記事はこちら!

 


そもそもアファメーションとは・・・

自分自身に対して肯定的な宣言をすること
という意味です。

こうなりたいということを、潜在意識へ働き
かけ、書き変えるために行います。


おまじない?と思っている人も多いかも

しれませんねー(笑)



なぜアファメーションをすると変化が

起きるかと言うと、

何回も言っているうちに脳がそうだと
信じるからです(@^^)


意外と単純な話です(笑)


例えば九九なんて、小学校で何度も
繰り返したので、脳がこれは重要と
判断したんですね。

なので大人になって九九を言うことが
なくなっても忘れません。



コンピュータって、脳の機能を模したもの

だそうです。

それだったらアファメーションが、
人工知能のように、入力によって情報を
上書きするのは道理ですよね。


脳の奥深くに蓄積されている情報を、
訂正
するには、新しい情報を入力して、
その
情報を繰り返し取り出せば、古い
情報は
取り出しにくくなります。

それがいわゆる「刷り込み」や「洗脳」
です。



脳



たとえば徒競走で一位になりたいと
思った
として

「大丈夫、私は一位になれる」
そう口に出しても、

心のうち
では 「いや無理でしょ!
私が一位になんてなれる
わけない」 と
思ってしまうことがあります。



なぜそう思うかというと

過去に勝てなかった経験があるから。


徒競走という入力情報をもとに、
過去の経験が脳によって検索されて、
勝てないという情報がヒットします。


今一位になれる実力があっても、脳は
過去の情報を持ち出してきてしまい、

あなた自身もその検索結果を信じて
しまうんです。



じゃどうすれば良いのかというと!

脳が検索することを止めることは出来ない
ですが、
ヒットするものを変えることはできるという
ことが研究の結果わかっています。


しつこく何回もアファメーションをして
いると、一位になれないという回路から、
なれるという回路に変わっていきます。


でもこれは数日で簡単に切り替わるもの

ではないんですね。

幼い頃から長い時間をかけて作られた
思考回路が変わるまで、地道にやる必要が
あります。

そうは言っても、意識して行うことなので、
自然に作られるよりも早いのは当然ですが



強い願いであれば必ず継続できます。

続かないということは、実はそんなに
強い願いじゃないのかな?と
考えてみて
ください。

見直してみると、実はその願いは、
本当の願いではない、と
いうことだって
ありえますから(^-^;

 

 




今日もお読みいただき、

ありがとうございました♪



otoiawasebana-2

ランキング参加中♪


引き寄せの法則 ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

いつも応援クリック、
ありがとうございます(^O^)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

自己紹介



むつきと申します!

お金に特化して、金運UPや引寄せの法則を実践し、かれこれ5年以上たちました。

その中で思ったこと、気づいたことを書いています。

あなたの実践のお役に立てたら幸いです (*^^)v

詳しいプロフィールはこちら

ランキング

応援、励みにさせていただいてます♪ よろしかったらポチっお願いいたします(*^^)


引き寄せの法則 ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

タグクラウド

広告

このページの先頭へ